0歳~6歳までが脳の発達が一番目覚ましい時期

0歳~6歳までの脳の発達が一番目覚ましい時期に英語の教育を始めた方が、大きくなってから始めるよりも効果的なので早期英語教育には大賛成です。
バイリンガルを育てるには乳児の頃から教育し始めたいぐらいです。実際に英語教育を取り入れている幼稚園(3歳児から)を見たことがありますが、子供が聞いたままのネイディブの発音を真似できており早期の教育の重要さを感じました。
また年齢が小さいと遊びの感覚で楽しく習えていたのが素晴らしかったです。これからは今以上に国際的な仕事の場が増え、第2外国語も必要になっていくでしょう。英語はスタンダードのスキルに今でもなりつつあるので、子供に能力をつけてあげるのは親の指名のように感じでいます。
早期英語教育を実施することで、英語能力、特に聞き取りとスピーキングのレベ向上が期待できます。小さいうちから始め、楽しみながら基礎を作り上げることで、日本全体の英語能力の底上げが図れることは大きなメリットになります。結果として、外交が強くなり、日本の経済に良い影響を与えることができるでしょう。
将来のためにしないといけない投資です。しかし、英語教育ばかりに集中し時間が割かれると、それ以外の勉強時間が減ることは確実で、現状と同じ学力を維持するためには子供の負担を増やさねばならず心配です。
また、英語教師の質が向上させるか、ネイティブの英語教師が英語を教えないかぎり、到底世界で通用するような英語や文化を子供に身に着けさせること難しいです。
セブンプラスバイリンガル 0歳