大学ノートの由来

中学校あたりから大学ノートを使い始めると、大人の階段を登ったような感覚になります。でも、なぜ一般的なノートの名前が「大学ノート」と呼ばれるのでしょうか。大学生じゃなくても大学ノートなんですから、気になりますよね。その名前の由来をご紹介したいと思います!
大学ノートとは何なのかを説明しますね。大学ノートとは、マス目がなく、日付欄、見出し欄を除いたらページいっぱいに横線が引かれているノートのことを意味します。幼稚園児が使っても、家に家事をしていr主婦が使っても、大学ノートであることに変わりはありません。大学とはすなわち大学校のことですが、大学生が使うことを目的として作られたのでしょうか。
大学ノートが初めて販売されたのは1884年です。現在の東京大学の向かいにあった「松屋」という文房具屋が新しいノートを開発したのです。品質の良い洋紙を使用したそのノートは、他のノートよりもはるかに高価でした。そのため、「東大生くらい勉強の出来る人でないと使えるものじゃない。」ということで、その高価なノートは大学ノートと呼ばれるようになったわけです。その後、ノートの評判を聞きつけた丸善が大学ノートを制作して、大学ノートは全国に広まったのです。