いつの間にか貯金ができていた話

今日は奢るから同僚にそう告げるとえいいのと同僚は嬉しそうに答えたもちろん俺が誘ったんだしそんなふうに言って俺がカードを取り出すとどこからともなくフクロウが現れカードを奪い去ってしまったフクロウは音もなく夜の街に飛び去っていくじゃ現金でと言いながら慌てて財布から現金を取り出すとまたしてもフクロウがそれを奪い去っていった給料日前だったので財布にはちょうど割り勘で支払える金しか残らなかった大丈夫と同僚が声をかけてくるあいやあの本当に申し訳ないんだけど今日は割り勘でいいかな。
俺がそう言うと彼女は一瞬驚いた顔をしてからもちろんと笑ったおいどうなってんだ俺がそう言うとフクロウ貯金の女は涼しい顔で言った何でしょう何でしょうじゃないよせっかくいい感じだったのに俺は事の顛末を女に話したから雨ですがうちの子がそうしたということはそれが無駄遣いだからですわ無駄遣いじゃないんだってあーもう絶対嫌われた。
まあまあ元気を出しておかげで目標金額が近づいたわけですから全くとんでもないサービスを契約してしまった解約したいと俺が詰め寄ると女は解約はもちろんできますがそれではきっとまた貯金ゼロに戻ってしまいますよせっかく半分まで来たのにと答えた確かにいつのまにか口座には50万円も貯まっていた。